バイカラーダイヤ

ダイヤモンドというのは、無色透明なイメージが非常に強く定着していますが、実は様々な色がついたものが多いのです。たとえば黄色がかったものや褐色のものなど、実に様々なものが出回っています。一般的には、ホワイト、イエロー、オレンジ、ピンク、レッド、パープル、バイオレット、ブルー、グリーン、ブラウン、グレー、ブラックなどがあります。基本的に無色透明のものが高価であるというイメージが非常に強いですが、ものによっては無色透明なものよりも高価なものがあるところが、ダイヤモンドの奥の深いところということができます。しかもこれだけではなく、さらにレアなダイヤモンドも存在します。

そのひとつがバイカラーダイヤモンドと呼ばれるもので、一つの同じダイヤの中に二色の色が張っているもので、その色の入り方によっては非常に高価なものになっているのです。こうした、ダイヤモンドに色がつくのには様々な理由があります。たとえばイエローの場合、窒素の含有量が多く黄色に変色することによってこの色が強くでてくることになります。ブルーの場合には逆に、窒素を含まず、ホウ素を含んでいるためにこうした色になるのです。ピンクは原子格子の変形によって発色すると言われています。グリーンは、ダイヤの母がんから天然放射線が照射され、変色してくことになります。したがってバイカラーのダイヤモンドはこうした化学的な変化が一つの天然石の周辺で二つ同時に起こってできあがるという非常にめずらしい状況で生成されているのです。

このような色は最近では、人工的に作り出されたものもありますが、当然天然石で発色されているものが貴重であり、高価なものということになります。バイカラーダイヤの場合、ちょうど二色がうまく配置されるようにカッティングされていることも重要で、より人の手によって手間をかけてカットされているため、通常以上に高価になりやすいといわれます。一つの宝石でありながら、異質な輝きを発揮するこのダイヤは、ひとめ見ると決して忘れることのできない神秘さと華やかさがあり、セレブを中心に愛用者も増えているのです。一般のダイヤとはひと味違う、奥深いクオリティを求める方にはぴったりの商品ということができます。

ただし、市場に出回っている商品はかなり限定されていますので、お気に入りにものを見つけるためには、時間とお金の両方が必要になるのは言うまでもありません。ただお気に入りの一品を見つけた時の満足感はほかのものにはかえられないものがあるということができます。

PRサイト

宝石買取業界最高水準のプラチナ・ダイヤモンド買取

オンラインダイヤモンド査定のショップランキング

ダイヤモンドをお売り下さい。信頼の高価買取専門店