グレーダイヤ

グレーダイヤモンドの価値について

宝飾店でダイヤモンドを選ぶ際、もちろん装身具としてのデザイン性の高さも重要ですが、ダイヤモンド自体のグレードの高さも重要視されるのが普通です。このグレードは、鑑定機関によってなされる鑑定で定められるのですが、一般的には、キャラット、カラー、クラリティ、カットの4種類の観点からグレードが決定されることになっています。 このカラーグレードというのは、とても微妙になっていて、白色系ダイヤモンドであれば無色に近いほど高評価がつけられ、黄味を帯びるに従ってその評価が低くなるのが普通です。

ただし、一般的にファンシーカラーと呼ばれるピンク、ブルー、グリーン、グレー、ブラウンなどの様々な色調を帯びたダイヤモンドについては、白色系とはまったく別の分類評価がなされることになっています。ファンシーカラーの大半は比較的濃いイエローかブラウンです。一方、グレー、ブルー、ピンクなどの数はかなり少なく、レッドダイヤモンドは最も珍しいとされています。ただし、ライトブルーやピンク、バイオレットは宝石としての価値が高めに評価されますが、グレーダイヤモンドの場合は、無色の物より評価が低くなるのが普通です。 

なぜ、グレーに見えるのかと言いますと、光の吸収の度合いが関係していることが多いです。石にあたった光がほとんど吸収されないと、その石は白色もしくは無色に見えるようになるのですが、光を全て吸収すると石は真っ黒に見えるようになります。つまり、光を中途半端に吸収している場合には、グレーに見えるということになるわけです。どうして中途半端に光を吸収することになるかというと、石が生成される過程で不純物が取り込まれてしまったり、結晶構造に歪みが生じてしまったりすることがあるためです。従って、色付きの石というのは、純粋ではなく、結晶の構造にも問題があるということになって、価格が安くなるわけです。

 通常、グレーダイヤモンドの価格はかなり低くなっていますので、非常に入手しやすい宝石であると言えます。稀にカラーコーティングされて売られているようなケースもありますが、たとえグレーであっても、それが深みを持った美しい輝きを放っているのなら、宝石としての価値は十分有していると思います。たとえば、美しいグレーの発色をより際立たせることができるような地金を台座に用いたり、デザインをグッとシックにまとめたりすれば、グレーであることがマイナスにはならないでしょう。特に男性用のアクセサリーには、かえって適しているのではないでしょうか。

PRサイト

宝石買取業界最高水準のプラチナ・ダイヤモンド買取

オンラインダイヤモンド査定のショップランキング

ダイヤモンドをお売り下さい。信頼の高価買取専門店