カラーダイヤモンドの不思議3

カラーダイヤモンドとは

カラーダイヤモンドとは、ファンシーなお色の希少価値の高い逸品です。カラーダイヤモンドの不思議3として、この記事でご説明していきます。カラーダイヤモンドは非常に発掘されることが稀で、コレクター達にとっては至極の逸品です。私も博物館でこれらを見たことがあります。その時は祭日であり、最終日だったことも重なって非常な混雑となりました。その中の思い出に残る宝石は、何段階にも分かれたお色のダイヤモンドを、スケールのように陳列したブースです。天然の色というのは、こんなにも繊細で、微妙で、人が表現できないものだと初めて実感しました。その他にも、大きなカナリーダイヤが注目を集めていました。

カナリーとはイエローのことで、カナリア色と言われます。その温かみのあるお色、輝き、その姿はすべての訪れる観客を魅了せずにはいられないお品でした。さて、このような希少価値のある宝石ですが、色で希少価値や価格が違うことを御存じだったでしょうか。中でも、ブルーダイヤは希少価値があり、目に見ることも稀です。ピンクダイヤは、次いで希少価値の高いものです。他にも紫、緑、赤、オレンジなど、さまざまなお色がありますが、眺めているだけで夢のようです。なかなか全部のお色を見ることはできないのではないでしょうか。また、天然のものであるため、どれひとつとして同じものがないのです。

お色みの濃いカラーには、ファンシーの称号が与えられます。中でもブルーカラーは数が少ないことで有名です。このカラーダイヤには無処理と放射処理があります。天然の無処理のものが、やはり高額で希少価値があるのは言うまでもありません。ピンクダイヤも大変な人気です。こちらはオーストリアのアーガイルが原産地です。最近はカナダでも発掘されるようになりました。他にもブラウンやイエローなどがあります。こちらは、比較的安く、大き目のものを購入することができますので、一番のおすすめです。もしもカラーダイヤが欲しい場合は、無処理であるか放射処理であるかをしっかりと確認することです。

 また、含浸処理をしたものもあります。こちらは、傷を隠すために液体鉛を含浸させたもので、資産価値は下がります。これらをしていないことをはっきりと購入するお店で確認されると良いでしょう。ダイヤモンド買取サイトでは、カラーダイヤモンドなども扱うようです。少し人とは違うアクセサリーが欲しいという方は、相談してみると良いでしょう。素敵なカラーダイヤを、よりよく適正な価格で購入したいものです。

消費者のニーズに応える宝石買取店はこちら

What's New

2016/12/09
カラーダイヤモンドの不思議3を更新しました

2016/03/28
カラーダイヤモンドの不思議3を更新しました

2016/03/02
カラーダイヤモンドの不思議3を更新しました

2016/02/05
カラーダイヤモンドの不思議3を更新しました

2016/02/01
カラーダイヤモンドの不思議3を更新しました

2015/07/23
鉄の切削に適さない工業ダイヤはダイヤモンド買取で売れないを更新しました

2015/06/02
カラーダイヤモンドの不思議3を更新しました

2014/02/07
レア―ダイヤを更新しました

2014/02/07
バイカラーダイヤを更新しました

2014/02/07
カメレオンダイヤを更新しました

PRサイト

宝石買取業界最高水準のプラチナ・ダイヤモンド買取

オンラインダイヤモンド査定のショップランキング

ダイヤモンドをお売り下さい。信頼の高価買取専門店